アレルギーはいまどこまでわかっている?

松田浩珍先生スペシャルインタビューアレルギーはいまどこまでわかっている?

松田浩珍 先生

  • 商品ページへ
  • アレルギーQ&A
  • 学術発表

123

日本人の3人に1人がアレルギーといわれていますがそれは、甘い。80%がアレルギー体質です。

昭和30年生まれを境にアレルギー体質が倍増

日本人の3人に1人がなんらかのアレルギーを発症しているといわれていますが、実は、もっと驚くべき数字があります。それは、国立成育医療センターが2003年に発表したもので、まだ発症していない人を含めたアレルギー体質の人が、日本では実に80%に達するという報告です。

また、この調査結果では興味深いことがわかりました。昭和30年を境に、それ以前に生まれた人とそれ以降に生まれた人では、アレルギーの発症率が大きく違っているというのです。
昭和10年代、20年代生まれの人はアレルギー体質の割合が40%であるのに対して、昭和30年代以降生まれでは70〜80%に増えている。つまり、昭和30年を境に倍増していることがわかります。

昭和30年というと、終戦後、ようやく社会インフラが整備されはじめ、生活が向上し始めた時代。「文化住宅」と呼ばれる、風呂付きで、キッチンとダイニングが分かれたDKのある家が登場し、「三種の神器」としてテレビ・冷蔵庫・洗濯機があこがれの象徴だった時代です。それまで日本人の多くは農業に従事しており、土間で料理を作って食べていましたが、この頃から衛生環境は飛躍的に改善されていきました。

昔の離乳食は、親が噛み砕いて与えていた

当時は、赤ちゃんを育てるにも特別な離乳食といった意識はなく、お母さんやおばあちゃんが噛み砕いたものを与えていました。そのため当時の赤ん坊は、親からの口移しでピロリ菌をはじめとするさまざまな菌にさらされていました。
しかしこの頃から赤ちゃん専用に調理した離乳食が奨励されはじめ、やがてスーパーなどで瓶詰めの離乳食が販売されるようになっていき、赤ちゃんは“衛生的な”離乳食で育つ時代がやってきます。

住宅を見てみると、それまですきま風が吹いていた木造住宅から、機密性の高い近代住宅へと変わっていきました。そのため、ダニが繁殖しやすい住環境へと変わっていきました。ダニというのは、生きていても死んでいても、アレルゲンとして強力であることが知られています。

さて、「清潔大国」と世界から呼ばれている日本で、アレルギーが増えているのはどういうわけでしょうか?

123

特許製法によって生み出された麹菌発酵のチカラ イムバランス+ギャバ
  • 商品ページへ
  • アレルギーQ&A
  • 学術発表

アレルギーはいまどこまでわかっている? - 2  -

松田浩珍先生スペシャルインタビューアレルギーはいまどこまでわかっている?

松田浩珍 先生

  • 商品ページへ
  • アレルギーQ&A
  • 学術発表

123

清潔すぎる環境がアレルギーを呼んでいる。急激な環境の変化に「ヒトの進化」がついていけない。

牧場の子供にアレルギーが少ないわけは

アレルギーが増加しているのは日本だけではありません。
イギリスでは昔から、牧草の花の花粉によるアレルギー「枯草熱」が知られており、やはりこの50年で急増。いまやイギリスの国民病ともいわれています。このように、先進国では日本と同じく、3人に1人がアレルギーに苦しんでいることが知られています。

一方で、広大な草原が広がるモンゴルでは、現代も昔ながらの遊牧生活を送っている人たちがたくさんいます。モンゴルでも花粉症の原因となる植物は多く、しかも牛のフンを燃料にしているため、フンに含まれるアレルギー物質に常にさらされています。
それなのに、モンゴルの人々にはアレルギーが少なく、アレルギー性ぜんそくの割合は日本の5分の1に過ぎません。

またドイツでの調査研究によると、牧場に暮らす子供にアレルギーが少なく、農家ではない家の子供には多いこともわかりました。畜産農業を営んでいる家の子供は赤ちゃんの時から家畜小屋に連れて行かれ、動物と触れあって成長します。赤ちゃんにとって決して衛生的とはいえない環境で育った子供にアレルギーが少ないのは、いったいなぜなのでしょうか。

清潔すぎる環境がアレルギーを生んでいる?

こういった世界の研究から、現在では、「清潔すぎる環境がアレルギーを引き起こしているのではないか」という考え方が主流となってきました。
人類は何十万年もの間、あまり衛生的ではない環境で生きてきました。そのため、感染症や寄生虫、吸血ダニなどと戦うための免疫機能を発達させてきました。
ところが、人類の歴史から見るとほんのわずかなここ50年ほどの間に飛躍的に衛生的な環境を手に入れ、寄生虫感染症なども先進国ではほぼ見られなくなりました。

そのため、本来ならば有害な外敵と戦うべき免疫が、害のない花粉などに過剰反応してしまい、引き起こされるようになったのがアレルギーなのです。人類の進化が追いつかないほどの環境の変化に、ヒトの免疫システムが追いついていないから起こった状態といえるでしょう。
とくに生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫細胞が未発達で、生後1年ほどで免疫システムが整います。この間に有害な物質をある程度自然摂取する機会がないと、免疫バランスが乱れ、アレルギー体質になりやすいと考えられます。

人類は、科学や医学の発展により、多くの感染症の予防に成功してきました。それと引き換えに、アレルギーという「重荷」を背負うことになったのかも知れません。

ほかにもあるアレルギーの原因

アレルギーの原因として考えられる要因はほかにもあり、先述したダニ、そしてストレスもその一つと考えられています。
会社勤めをし始めたり、転職をきっかけにアレルギーがひどくなるケースは少なくありません。
ストレスも花粉も、現代社会では完全にシャットアウトできるものではありません。これが、アレルギーという疾患の難しいところです。

アレルギー体質は自然に治る場合もありますが、いったんなってしまうと元に戻すのは大変困難です。自然治癒以外で根治できる薬は、現在のところありません。
自然治癒ということで付け加えると、アトピー性皮膚炎の発症は5歳がピークで、その後、およそ半分は自然に治り、あとの半分は治癒が困難です。どのようなメカニズムで治ったり治らなかったりするのかは、いまのところまだ解明されていないのが現状です。

アレルギーの原因を遠ざけるには

ただ、アレルギーの原因物質をできるだけ遠ざけることはできますね。たとえば花粉症ならマスクをしたり、花粉を家に持ち込まない工夫をする。ダニ対策なら、通気をよくし、布製のソファやカーペットなどを排除するなどです。

ダニが最も繁殖しやすいのは布張りのソファ。座っている時間が長いために汗やアカが着いたり、食べこぼしが付着したりしてダニの温床になりやすいのです。次いでダニが多いのはカーペット、そして布団、枕、クッションなどがダニの棲家となります。

布団や枕などを天日干しする方が多いのですが、干すと花粉が着くこともあり、叩くとダニのフンや死骸が舞い散って、それを吸い込んでしまうことになってしまいます。
おすすめしたいのは乾燥機。ダニはマイナス20℃でも生きていますが、高温には弱く、50℃くらいで死滅します。死骸もアレルゲンとなりますので、乾燥機をかけたあとは掃除機で吸い込んでください。
このような環境整備は、アレルギーを治癒できなくても、発症をやわらげる効果はあると思います。

123

特許製法によって生み出された麹菌発酵のチカラ イムバランス+ギャバ
  • 商品ページへ
  • アレルギーQ&A
  • 学術発表

アレルギーはいまどこまでわかっている? - 3 -

松田浩珍先生スペシャルインタビューアレルギーはいまどこまでわかっている?

松田浩珍 先生

  • 商品ページへ
  • アレルギーQ&A
  • 学術発表

123

アレルギー体質改善のヒントが見つかりはじめた。そのキーワードは「発酵」。

体質改善からアレルギーを緩和する新しい試み

根治というものが難しく、またその原因をまったく排除することも難しいアレルギーは非常にやっかいな疾患ですが、最近になって、生活習慣や体質改善からアプローチしようという研究が進められています。そのキーワードになるのが「バイオジェニックス」です。

「バイオジェニックス」とは、発酵によって産み出される「発酵産物」を健康に役立てようというもので、いま世界的に注目されているのがこの発酵産物なのです。
たとえば納豆を作るには、大豆に納豆菌を植えつけて発酵させますね。このとき、大豆は菌によって分解・代謝され、それまでになかった新しい物質を作り出します。これが発酵産物です。

この発酵産物には多種多様な多糖類やペプチドなどが含まれ、複合的に体に有効な作用を発揮すると考えられています。
昔から日本人は、味噌・しょうゆなどの発酵食品を多く食べてきました。最近ではみそ汁をほとんど飲まないという若い人が増えていますが、日本人の生活環境の変化の中に、この「発酵食品をとらなくなった」というものを含めてもいいのではないでしょうか。

「発酵」は、医療や健康の分野において今世紀のキーワードとなると、私は考えています。

体質改善は「胎児の時代」から

発酵食品といえば、日本では麹菌発酵による味噌・しょうゆ・納豆、植物性乳酸菌発酵の漬け物などが思い浮かびますが、ヨーグルトも乳酸菌発酵食品です。

ここで、2001年にフィンランドの研究者によって発表されたセンセーショナルな研究結果をご紹介しましょう。
その調査とは、アトピー素因がある妊婦さんに対し、出産の2〜4週間前から母乳で育てる生後6ヵ月までの期間、1日100億個の乳酸菌をとってもらうという調査です。その結果、乳酸菌をとっているグループでは、子供が2歳に成長したときに、アレルギーの出現が半減していることが明らかとなりました。

ここで重要なのは、お母さん本人のアトピーは改善されなかったにもかかわらず、子供の発症率が下がったという点です。赤ちゃんは生後1年くらいまでに免疫バランスが決まるのですが、お母さんの体質改善がいかに重要かがわかります。
実際に患者さんを診てみると、お母さんがアレルギーだとお子さんもアレルギー体質であることが多いと感じられます。
今後妊娠・出産を考える女性は、ぜひ、普段からプロバイオティクスで体質改善を心がけていただきたいと思いますね。

アレルギー体質が改善される可能性

これまでお話ししてきたように、アレルギーはいったん発症すると根治しにくい疾患です。
しかし、いわゆる「プロバイオティクス(健康を守るため、腸で有益な働きをする微生物またはそれらを含む食品)」や、「バイオジェニックス(発酵の過程で生み出される多糖類やペプチド、菌体など)」が、アレルギーになんらかの効果をあらわすことが次々とわかってきました。

アレルギーは現代医学では根治が難しく、対処療法として広く使われているステロイド剤も長期に使用すれば副作用が心配されます。ですから、「安心なもの」で、長期に体質改善をめざすという方法は、たいへん重要だと思います。

そういった意味で、ニチモウバイオティックス社の「イムバランス」という新成分は、大変可能性の高い健康成分だと思いますね。
まず、発酵が「麹菌発酵」とそれにともなう「乳酸菌発酵」のダブルであるため、より多様で複雑な「発酵産物」が含まれているはずです。また、日本人が昔から食べていた大豆と麹菌から生まれたという点も、日本人の体質に合っているといえるのではないでしょうか。

こういったイムバランスのような健康成分を「オーガニックドラッグ」と呼びたいと、私は考えています。

発酵による新成分「イムバランス」の研究結果

2010年、私たちの研究チームでは、ニチモウバイオティックスから提供された新しい発酵産物「イムバランス」について実験を行いました。これはわれわれが開発したアトピー自然発症マウスを使っての実験ですが、市販外用薬(塗り薬)と「イムバランス」投与の比較を行いました。
アトピー自然発生マウスを使っているため、塗り薬と「イムバランス」をエサに与えるという、普通にヒトが行うパターンと似た環境で研究を行うことが可能となっています。

その結果、アトピー性皮膚炎の抑制効果は、市販外用薬(塗り薬)とほぼ同様の効果があることがわかりました。

アトピー性皮膚炎の抑制効果
*図はアトピー性皮膚炎自然発症モデルマウス試験です

また、アトピー性皮膚炎に多い皮膚の乾燥についても、塗り薬には及ばないものの、かなりの効果が認められました。

水分蒸散量の抑制効果
*図はアトピー性皮膚炎自然発症モデルマウス試験です

右のグラフはかゆみによる「引っ掻き回数」を表したものですが、「イムバランス」を与えたものでは、症状が起きてからも引っ掻き回数がほとんど増えていないことを示しています。

引っ掻き回数抑制効果
*図はアトピー性皮膚炎自然発症モデルマウス試験です

このように、私たちの治験でも「イムバランス」という発酵産生成分にはアレルギーに対して有効な効果が認められると考えられます。 大豆から麹菌発酵、乳酸菌発酵させて産出される未知の成分に、私たちアレルギー研究者も期待しています。

123

特許製法によって生み出された麹菌発酵のチカラ イムバランス+ギャバ
  • 商品ページへ
  • アレルギーQ&A
  • 学術発表

アレルギーQ&A

ムズムズやカユカユにあなたやご家族が悩んでいませんか?

春先は花粉でムズムズ…冬は温かいおふとんに入るとカユカユ…。
さらには、ほんとうならば栄養になるはずの食品が大敵になったりすることも…。
ひと昔前まであまり見られなかった「アレルギー」という現代病が、いまどんどん増えているといわれます。それはいったい、なぜなのでしょうか? そして、つらいアレルギー症状を軽減できる方法ってあるのでしょうか?
ムズムズやカユカユなどのアレルギーに関する最新の情報を、わかりやすいQ&Aでお伝えいたします。

  • 商品ページへ
  • アレルギーはいまどこまでわかっている?
  • 学術発表
アレルギーQ&A よくあるご質問
Q1:アレルギーに悩んでいる人ってどれぐらいいるの?
Q2:アレルギーってどうして起きるの?
Q3:そもそも免疫って、どんな仕組みなの?
Q4:アレルギーと免疫はどう関係しているの?
Q5:免疫バランスが乱れるとなぜアレルギーになるの?
Q6:乳酸菌がアレルギーにいいと聞きましたが?
Q7:最近、発酵食品が注目されているのはなぜ?

A1

日本人の3人に1人がアレルギー、8割がアレルギー体質といわれています。

春先になるとムズムズ…ふとんに入って温まるとカユカユ…。
花粉症やアトピーなどのアレルギーに悩まされる人は、いまや日本人の3人に1人といわれています。
それだけではありません。まだ症状が出ていない人を含めると、アレルギー体質の人はなんと8割に達するという報告もあるのです。
アレルギーとは、だれもが、いつ発症するかわからない現代病、といえそうですね。

日本だけでなく、ここ20〜30年の間に先進国でアレルギー患者が急増。
世界でアレルギー性鼻炎は約4億人、アレルギー性喘息は約3億人と推定されています(世界アレルギー機構2008年)。

アレルギーQ&A 質問一覧へ

A2

免疫バランスのくずれにより、体が異物に過剰反応してしまうことです。

アレルギーとは、いわば、自分自身の体が作り出してしまう症状。なぜ、自分の体が自分自身をつらい目に合わせてしまうのでしょうか? それには、「免疫」という、私たちの体の中にあるシステムが関係していました。
免疫システムとは、病原菌やウイルスなどの外敵から私たちの体を防御してくれる頼もしい防衛隊のようなもの。ところが、なんらかの理由でバランスを崩し、害を及ばさないはずの花粉などに過剰反応してしまう・・・…これが、アレルギーなのです。

アレルギーQ&A 質問一覧へ

A3

複雑な仕組みで、私たちの体を病原菌やウイルスから守ってくれています。

病原菌やウイルスなどから体を守ってくれる免疫。
その主役となるのは白血球です。
この白血球はさまざまな免疫細胞で構成されていて、全体の半分強を占めるのが「顆粒球」、約4割が「リンパ球」、そして約5%がマクロファージと呼ばれる細胞です。
これらの免疫細胞はそれぞれ独自の役割を担い、複雑な免疫ネットワークを駆使して、私たちの健康を守ってくれています。

アレルギーQ&A 質問一覧へ

A4

免疫細胞のうち、リンパ球の1種「ヘルパーT細胞」がアレルギーに関係しています。

免疫システムはとても複雑なのですが、ここではアレルギーに関係しているリンパ球の1種「T細胞」についてお話ししましょう。
T細胞は、伝達役である「ヘルパーT細胞」と、自ら外敵と戦う「キラーT細胞」に分けられます。アレルギーに深く関係しているのは、このうち「ヘルパーT細胞」。これはさらに、細菌やウイルスを担当する「Th1細胞」と、ダニや花粉、カビなどのアレルゲンを担当する「Th2細胞」とに分かれます。
この「Th1」と「Th2」の免疫バランスが崩れると、アレルギーを引き起こすことに。

アレルギーQ&A 質問一覧へ

A5

「Th1」が弱まり「Th2」が過剰になると、花粉などのアレルゲンに異常に反応してしまいます。

ほんらい「Th1」と「Th2」は互いに抑制し合い、免疫バランスを保って健康を守ってくれています。ところが、花粉やダニ、カビなどのアレルゲンに対抗する「Th2」が優位になりすぎると、アレルゲンへの反応が異常に促進されてしまいます。これが、アレルギーです。
これは、細菌やウイルスに反応する「Th1」が弱まっているからと考えられています。アレルギーが先進国に多いのは、清潔すぎる環境が「Th1」の作用を弱めているためではないかともいわれているんですよ。

日本では、衛生環境が整ってきた昭和30年を境に、それ以降に生まれた人ではアレルギー体質の比率が倍増していることが知られています。

アレルギーQ&A 質問一覧へ

A6

「Th1」が弱まり「Th2」が過剰になると、花粉などのアレルゲンに異常に反応してしまいます。

体にとって良い働きをする微生物(善玉菌)=「プロバイオティクス」を積極的にとることで健康に役立てようという考え方が注目されています。善玉菌の代表といえば乳酸菌ですが、最近、この乳酸菌を取り続けることによって、アレルギー発症をある程度防ぐことがわかってきました。
しかし、環境の変化やストレス社会によって、アレルギーの症状に悩む人は増え続けています。

プロバイオティクスとは
健康を守るため、腸で有益な働きをする微生物またはそれらを含む食品のこと

プレバイオティクスとは
オリゴ糖や食物繊維など、善玉菌のエサとなる食品成分のこと。

アレルギーQ&A 質問一覧へ

A7

「Th1」が弱まり「Th2」が過剰になると、花粉などのアレルゲンに異常に反応してしまいます。

いま最も注目されているのが、「発酵培養物」です。発酵の過程で生み出される多糖類やペプチド、菌体など(バイオジェニックスといわれる成分)、すべてを含みます。最近、この発酵成分を健康維持に役立てるさまざまな研究が進められています。中でも注目すべきは、アレルギーの予防効果に加え、体質改善効果が期待できる点。アレルギー症状を抑える新しいアプローチとして期待されています。

アレルギーQ&A 質問一覧へ

特許製法によって生み出された麹菌発酵のチカラ イムバランス+ギャバ
  • 商品ページへ
  • アレルギーはいまどこまでわかっている?
  • 学術発表

学術発表│アレルギーはどこまでわかってる?

  • 商品ページへ
  • アレルギーはいまどこまでわかっている?
  • アレルギーQ&A

主な学術発表

新しい発酵食品-イムバランスによるアレルギー反応の抑制効果
温故知新 46: 101-111,2009
ピーナツアレルギーモデルマウスに対する麹菌発酵大豆培養物製品の療法的な効果は、Th1型反応およびTh2型反応の調節と関連している
Clinical and Experimental Allergy 38:1808-1818, 2008
※英国のClinical and Experimental Allergy医学雑誌は、世界的なアレルギー関係の専門誌の中で、ランク3であり、その引用度を測るインパクトファクターは2007年度3.780である。
新しい発酵食品(イムバランス)における食物アレルギー反応の抑制効果
アレルギー臨床 27:69-74, 2007
スギ花粉症の臨床症状緩和における新規栄養補助食品素材であるイムバランスの有効性:パイロット試験
Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology 34: S73-S75, 2007

学会発表履歴

ImmuBalanceのアトピー性皮膚炎改善効果1.NC/Ngaマウスを用いた前臨床試験
第59回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2009年10月29〜30日(秋田)
アトピー性皮膚炎におけるImmuBalanceの効果:自然発症アトピー性皮膚炎モデルNC/Nga マウスを用い前臨床研究
第8回国際大豆シンポジウム 2008年11月9〜12日(東京)
食物アレルギーにおける新しい発酵食品(イムバランス)の安全性について
第7回食物アレルギー研究会.2007年1月27日(東京)
食物アレルギー反応の抑制におけるイムバランスの効果
第56回日本アレルギー学会,2006年11月2〜4日(東京)
新しい発酵食品(ImmuBalance)のスギ花粉症に対する臨床効果
第9回日本補完代替医療学会学術集会,2006年10月28〜29日(大阪)
ピーナツアレルギー反応の抑制における発酵大豆培養物の効果
第6回食物アレルギー研究会.2006年1月28日(東京)
ピーナツアレルギー反応を変えるため補助食として発酵大豆培養物の効果
第42回日本小児アレルギー学会,2005年11月19〜20日(福井)
特許製法によって生み出された麹菌発酵のチカラ イムバランス+ギャバ
  • 商品ページへ
  • アレルギーはいまどこまでわかっている?
  • アレルギーQ&A

ページトップへ