お客様にお声

村井智子さま(51才)イソラコン愛飲暦6年野菜中心の食事とイソラコンで元気を維持しています。私はもともと肉類や油ものが好きではなく、ずっと魚、野菜中心の食事。そのためか、毎回健康診断の結果も良好で、健康には自信がありました。 そんな私も、実は運動が大の苦手で、高校卒業以来30年、スポーツらしきものは、したことがありません。それが、先日の健診で、先生から骨の健康にも太鼓判を おしてもらい、自分でもびっくりするほど!体型も昔とあまり変わらないので、お友達からも「いつも変わらないね」と言ってもらえます。これも、“粗食”と毎日続けているイソフラボンのおかげかもしれませんね。 これからの健康と若々しさを維持していくためにも、アグリコン型イソフラボンは、 ずっと続けるつもりです。

主人と2人で続けようと思います。H.Oさま(54歳)イソラコン愛飲暦1年友人にすすめられ、主人と2人でイソフラボンを飲み始めました。まだ数ヶ月ですので、はっきりとはわかりませんが、イライラすることが少なくなり朝の目覚めも良くなったような気がします。
ずっと病院でお薬をいただいていましたが、今ではお薬の必要もなくうれしいです。体質に合っていたのでしょうか?
気分もすっきり、前向きな気持ちになれるようになりました。今後も、主人と一緒に長く続けていきたいです。

ウソのように運動しています。Y.Tさま(49歳)イソラコン愛飲暦5年腕や肩から指先まで固まったように感じ、動かせなくなった時期がありました。肩がパンパンにはるように、腕全体がカチカチになり、マッサージや針などいろいろ試してきました。
それが今では、フラメンコやアクアビクスなど、うそのように運動していて、家族も驚くほど!自分も運動できる喜びを感じています。私にとって、イソフラボンと運動は、今では欠かせない毎日の習慣です。

マスコミ掲載事例

スカイパーフェクトTV

美STORY

だって更年期なんだもーん

20年の研究成果がギュッと凝縮された「イソラコン」安心・安全、こだわりの大豆イソフラボンがあなたの元気とキレイを応援します!

こだわりイソフラボン5つのポイント

Point1 安心と有用性を考えて栄養豊富な大豆胚芽のみを使用

大豆の「胚芽部分」だけを抽出し濃縮しています。大豆イソフラボンは胚芽の部分に、豆の部分と比べ約10倍もの濃度で含まれています。
ニチモウはイソフラボンの濃度が高い胚芽の部分のみを使用。そのため、ニチモウのイソフラボンには大豆の恵みをぎゅっと凝縮した胚芽パワーがたっぷりと含まれています。そして、安心してお召し上がりいただくため、国内基準の農薬検査を行うとともに、遺伝子組み換えの大豆は一切使用しておりません。

Point2特許製法 日本古来から引き継がれた発酵技術に習い、独自にあみだした麹菌発酵技術

昔から”発酵”の力には、その食材の持つパワーを増加させ、新しいパワーを作り出す特性があるといわれています。
ニチモウは古くから引き継がれた発酵技術に習い、「麹菌」による発酵技術を開発、日米欧で特許を取得しました。この特許技術によって、からだにすみやかに吸収される「アグリコン型イソフラボン」が生まれました。グリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボンの比較

Point3 大豆の有用性をすみやかに吸収できる「アグリコン型イソフラボン」

大豆イソフラボンには、分子の大きい「グリコシド型イソフラボン」と分子が小さく体への吸収力が優れている「アグリコン型イソフラボン」の2つのタイプがあります。大豆イソフラボンは、分子が大きいままでは体内には吸収されません。腸内細菌の働きによって糖が分解され、「アグリコン型」になって初めて体内に吸収されます。しかし、腸内細菌の働きには個人差があるため、人によって吸収できる量にバラツキが生じます。
ニチモウの大豆イソフラボンは、特許技術の麹菌発酵により、あらかじめ糖を分解。有用成分イソフラボンを効率よく吸収できるよう「アグリコン型」にしています。そのため、腸内細菌の働きに関係なく、どなたでも胃や腸からすみやかに吸収でき、吸収効率も格段にアップするのです。

Point4 麹菌発酵ならでは!抗酸化作用は他のイソフラボンの1,000倍以上

大豆胚芽にはイソフラボンの他に、細胞をサビさせ傷つける「活性酸素」を消去する”抗酸化”成分も豊富に含まれています。ニチモウは、特許製法の麹菌発酵により、大豆イソフラボンの吸収力だけでなく、胚芽の持つ抗酸化パワーをさらに引き出すことに成功。その力は他のイソフラボンの1,000倍以上と群を抜いて高いことがわかっています。ニチモウのイソフラボンには、毎日続けることで、体の若さを保つ働きもあるのです。抗酸化パワーの比較

Point5 イソフラボン一筋20年。研究成果が医療の現場でも認められています。

Point5 イソフラボン一筋20年。研究成果が医療の現場でも認められています。ニチモウは、イソフラボンのパイオニアとして、1990年にイソフラボンの研究を京都大学やハーバード大学医学部などでスタートさせました。以来、皆さまに安心・安全で確かなものをお届けしたいという思いから、国内外の大学・研究機関と共同研究を進め、多くの学会でその研究成果を発表してきました。そしてその研究と実績が評価され、全国200 以上の医療機関において、ニチモウのイソフラボンをご使用いただいております。その結果、今では対外的にも「アグリコン型イソフラボンならニチモウ」、と高い評価をいただけるまでになりました。
ニチモウは、これからも大豆に極められた健康パワーをさらに追求するとともに、徹底した品質管理のもと、安全で安心できる高品質な製品を供給してまいります。

学会報告

イソフラボン倶楽部のイソフラボンはここが違う!日本古来から引き継がれてきた発酵技術に習い、ニチモウが独自に編み出た麹菌発酵技術。この技術によって、身体に吸収されやすいアグリコン型イソフラボンが誕生しました。

「若さ」と「きれい」に差をつける!大豆イソフラボンは、女性の心強い味方です!

潘偉軍さんは、ハーバード大学で3年間、アグリコン型イソフラボンの研究に携わった経歴の持ち主。 「ハーバード大学では、医薬品に準じた条件で大規模な臨床試験を行いました。アグリコン型イソフラボンは、ホルモンバランスの調整機能のほか高い抗酸化作用もあるので、女性特有の悩みから生活習慣病などについて、さまざまな研究や臨床試験を実施してきました。その結果から、中高年の女性に限らず、あらゆる年代の女性にお薦めできる成分といえるでしょう。 さらに、大豆イソフラボンを摂る際に気をつけたいのがその吸収性です。私がおすすめしたいのは、アグリコン型イソフラボンのサプリメントです。通常の大豆イソフラボンは「グリコシド型」と言われ、イソフラボンと糖が結合したもので、腸内細菌の酵素によって、糖が外れないと吸収されません。腸内細菌の働きは体調や個人によって差があるので、吸収効率は必ずしもよくありません。残念ながら、豆乳や納豆などの大豆食品のほとんどに含まれるのは、この「グリコシド型」イソフラボンです。一方、アグリコン型は、糖と結合していないため分子量が小さく、胃や小腸で吸収が始まります。そのため、吸収が非常にスムーズで、より効果的にイソフラボンを摂ることができます。また、アグリコン型の中でも大豆胚芽を麹菌発酵させたものは、グリコシド型と比べ、抗酸化作用が約1,000倍と言われています。ですから、アンチエイジングにもより効果を発揮します。普段の食事に、上手にサプリメントを取り入れることが、「若さ」と「きれい」を保つ秘訣かもしれませんね!」

さらに!大豆イソフラボンとともにあなたの「幸年期」を支えるビタミン・ミネラルを源泉!バランスよく配合しました。

ビタミンCとビタミンE

ビタミンB12とドロマイト

原材料としては日本初!「原材料ハイクオリティ認証」取得

イソラコン」「ライフマックス」の原料「アグリコン型大豆イソフラボン(アグリマックス®)」が日本で初めて「原材料ハイクオリティ認証」を取得しました!
「原材料ハイクオリティ認証」とは、日本健康食品・サプリメント情報センターにより、 健康食品やサプリメントの品質・安全性を認証する制度。認証されると、米国に拠点を置く世界標準のデータベース「ナチュラルメディシン・データーベース」に記載されます。 今回の認証は原材料としては日本初となり、品質と安全が世界標準で認められたことで、より安心、安全なサプリメントとして評価が高まっています。

いつまでも元気に若々しく!一生のうちで一番充実し、自分らしく輝く”幸年期”。高吸収型大豆イソフラボンが凝縮された「イソラコン」は、あなたの“元気”と“キレイ”を応援します。

特許製法の麹菌発酵によって作られた高吸収型の「アグリコン型イソフラボン」に、ビタミン・ミネラルをバランスよく配合したニチモウバイオティックスの自信作!

成分表

お買い物情報