第34回 いつも自然体"クミコ"からの応援レター「ココロの窓を開けたなら」

新連載いつも自然体

第34回 「良い年をお迎えください」(2011.12.15)

今年もあと半月となりました。
本当に大変な年でした。

先だっての「今年の漢字一字」では「絆」が選ばれ、やっぱりというか、なるほどというか。
これまでこの字が選ばれてなかったことにも、ちょっとびっくり。
そうか「絆」は、今年この国の人が改めて気づいた言葉なんだなあ、と感無量です。

この字が選ばれて、清水寺のご住職が墨で書く、その時間ち ょうど人形町にいました。
江戸風情あふれる街の、これまた情緒あるお蕎麦屋さんで「鴨南蛮」を食していました。
太いネギが三つ、どどどんと乗っかっています。
ツユは真っ黒、関西の人が見たらびゃあといいそう。
でもこれがなんとも美味しい。甘い。
鴨も脂たっぷりで「かもねぎ」という言葉が思い出されます。
鴨がネギを 背負ってくる、ふむふむなるほどそりゃタマランわと、ほっぺが緩みます。

外に出ると、クリスマスを通り越してお正月の飾りつけ。
みんなが早く早く新年になりますようにと急いている感じさえします。
確かに、新年に早くなりたい。
もうこんなシンドイ年はイヤです。
来年は、どうなるんで しょう。

皆さまにとって、すべての人にとって、この国にとって、良い年が訪れますよう、
今はただ願うのみです。

どうぞ良い年をお迎えください。

クミコさんPROFILE

1954年9月26日 茨城県水戸市生まれ。早稲田大学卒後、’78年、「世界歌謡祭」に日本代表の一人として参加。’82年 シャンソンの老舗・銀座「銀巴里」のオーディションに合格し、プロとしての活動をスタートする。’99年 作詞家・松本隆氏に見いだされる。‘02年 アルバム「愛の讃歌」に収録した「わが麗しき恋物語」が、“聴くものすべてが涙する歌”として大きな反響を呼び、シャンソンでは異例の大ヒットとなり一躍脚光を浴びる。’07年 デビュー25周年を迎え、中島みゆき書き下ろしの新曲「十年」を収録したアルバムをリリース。翌年、アルバム「友よ!」を発表し、話題に。‘09年、三木たかし氏の遺作である「届かなかったラヴレター」をリリース。そして、今年2月9、10日には、井上芳雄さん徳光和夫さん上柳昌彦さんと共に、シリーズ35万部突破の実話集「届かなかったラヴレター」を朗読と名曲で綴るハートフルコンサートを実施。また、「届かなかったラヴレター」を含む新作ミニアルバムをリリース。2月24日にはNEWシングル「INORI 〜祈り〜」をリリースし、USEN総合リクエストチャート1位になるなど快進中。

*その他クミコさんの詳しい情報は 「クミコ オフィシャルサイト」まで http://www.puerta-ds.com/kumiko/index.html

連載

ページトップへ